マンションQ&A

積立マンション保険見積事例(期間5年)

1.保険会社の見積

AKKマンション
築2年 鉄筋コンクリート造 地上7階 地下1階
保険金額 A構造
建物構造・級別 207,000千円
住戸・事務所の戸数 31戸
上記以外の戸数 0戸
エレベーター 1基
延床面積 3,549.79㎡
専有部分面積 2,520.08㎡
共用部分面積 1,029.71㎡
再調達価格(共用部分) 345,000千円
保険期間 5年
A案 B案 C案
保険料払込方法(一時払) 765,890円 3,529,910円 5,504,210円
満期返戻金 200,000円 3,000,000円 5,000,000円
補償内容と保険料の内訳
施設賠償責任担保 保険契約5千万円   保険料102,350円
個人賠償責任包括 保険契約5千万円   保険料93,540円
水漏れ損害担保 ――――
水漏れ原因調査費用担保 ――――
失火見舞費用担保 被災世帯×20万    保険料17,600円
地震火災費用担保 保険契約10,350千円  保険料52,790円
ガラス保険担保 保険契約 600千円  保険料38,250円
5年間正味保険料 565,890円 529,910円 504,210円
1年分正味保険料 113,178円 105,982円 100,842円
共用部分1㎡当たり1年分正味保険料 109.9円 102.9円 97.9円

2.総会議案

事業計画案(平成16年3月1日~平成17年2月28日)

 

1. 保険契約関係事業・・・積立マンション保険加入の件

 

1) 保険会社:株式会社○○損害保険

2) 保険期間:平成16年7月25日~平成21年7月25日

3) 保険内容:火災・施設賠償・個人賠償・ガラス保険

4) 『合計保険料=765,890円』

積立保険料=196,048円

危険保険料=569,842円

5) 満期返戻金:200,000円

 

※ 実際の保険料は、保険期間の開始の日を基準にしますので上記とは保険料が異なる場合があります。

3.一般会計収支予算(案)

積立マンション保険危険保険料(第2期分)

総支払保険料 ¥765,890  
積立保険料 ¥196,048  
危険保険料 ¥569,842  
¥569,842÷5年=
¥113,970 (第2期費用計上)
¥113,968 (第3期~6期、各期費用計上)

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中