マンション管理について

分譲マンションの管理とは

マンションの資産価値を高めるのも工夫しだい!

管理会社の影響が強いマンション管理組合の運営は国の税金徴収とよく似たものでとにかく税金を少しでも多く徴収しようとします。

マンションの「専有部分」と「共有部分」について教えてください。

分譲マンションでは「専有部分」と「共有部分」があり「共有部分」が6~7割を占めていると言われています。

マンション管理

マンション管理の方法は? 管理会社に任せればいいの?

自主管理、一部委託、全部委託の方法があります。

居住者の高齢化で理事会役員のなり手不足で困った。

今後、居住者の高齢者問題は増加傾向。 役員のなり手不足の対策は。

順番で理事会役員になったけど、どうしたら良いの

マンション管理の5つの基本原則再確認のお願い。

管理会社のサービスや対応って、こんなものなの?よそのマンションはどうなの?

管理会社によって業務の品質やサービス内容はまちまちです。 親切丁寧な会社もあれば、そうでない会社もあります。 管理会社に以下のような質問をし、回答を求めその内容を検討しては如何でしょうか。

うちのマンションの管理組合運営は、どうも合意形成がうまくないのかな?

多くのマンションが同じ悩みをかかえています。 うまくいくにはどんな方法があるのか。

管理会社から修繕工事の見積をもらったが、これって適正価格?ひょっとして高くない?

すべてはありませんが、リベートやバック・マージン分が高くて当たり前です。 適正価格を求めるには。

管理費や修繕積立金を支払っていない住人がいるようだけど、これってどうなの?

問題です。場合によっては法的措置も。未然に予防することが大切です。

現在、京都で多くみられるマンション問題とは?

暴力団問題・ウィークリーマンション問題・居住者の高齢化問題・役員のなり手不足・建設会社等のリフォーム期間の仮住居としての利用問題・グループホーム化や無認可の保育園化問題等があります。 未然に防止するため、年に一度は規約を見直すことが大切です。

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中