マンションQ&A

エレベーター保守点検費は安くならないの?

・安くなります。 ・では、どんなやり方があるの。

【1】 エレベーターの保守点検契約は、管理会社に委託せず直接契約が基本

 1.管理会社が管理組合に代って、エレベーター保守会社等との保守・点検契約をするのはバック・マージンをとるのが目的
2.性能のグレード・アップにより、保守料が下がる。:遠隔監視装置・遠隔点検装置・地震管制運転装置・停電時自動着床装置等
3.エレベーターの保守点検は、毎月1回の遠隔点検及び3か月に1回の専門技術者による訪問点検が一般的 。最新の設備は、365日、24時間遠隔監視、1日1回の遠隔点検が基本。

【2】 保守管理費はこのように安くなる

保守料金は、フルメンテナンスの1台当たり税引前金額(単位:円)

保守会社 マンションの築年数及び階数 代行契約時の保守料金 直接契約後の保守料金
A社 築4年・10階建1台 53,000 38,000
B社 築23年・5階建1台 77,000 41,000
C社 築3年・7階建1台 45,000 44,000
C社 築8年・11階、地下1階1台 71,500 44,000
C社 築9年・7階建2台 80,000 39,000
D社 築23年13階4台 71,250 40,000

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中