HOME > 3.今後のマンション政策における基本的な考え方

3.今後のマンション政策における基本的な考え方

(1)住宅ストックとしてのマンションの重要性

・国民の約1割が居住する重要な住宅ストック

 

・まちづくりやコミュニティ活動の拠点となる重要な社会基盤

(2)マンションの管理等に行政が政策的に関与することの意義

・マンション管理の責任が区分所有者等にあるのは当然だが、

 以下の点で行政の関与が必要

 

 1.周辺環境等の外部性の問題に対する関与の意義

 

 2.区分所有者間の合意形成等に係る取引費用の軽減の問題に対する関与の意義

 

 3.マンションの管理等には専門的な知識が必要であるという問題に対する

  関与の意義・国は全国適用の制度創設等、地方公共団体は地域実情把握・相談体制充実等

(3)マンションの管理等についての専門家による支援の重要性

・専門家による区分所有者等への積極的な支援が一層重要

 

・管理組合方式を原則としつつ、区分所有者以外の専門家の関与等による管理も

 選択肢として新たな仕組みや運用も 必要

(4)老朽マンションの再生の重要性

・今後老朽マンションの増加が見込まれ、耐震化やバリアフリー化が必要

 

・資金面・知識面で必ずしも十分でない区分所有者等に対する支援の必要性

 

・管理組合や有識者等が指摘する手続き上の問題、法制度上の課題の存在

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中