HOME > 4.今後のマンション政策としての具体的施策

4.今後のマンション政策としての具体的施策

(1)管理組合による計画的な管理等の推進

・常日頃から居住者間、地域とのコミュニティ形成に努めることが必要

 

・長期修繕計画の適切な策定

 

・見直し等を促すための普及啓発活動

 

・専門家の能力向上、修繕積立金算出をサポートするシステムの充実

 

・滞納者への督促手続きの提示等による実効性の確保

(2)管理状況の適正な評価等

・管理状況が情報開示され、市場で適切に評価されることによる

 適切な管理へのインセンティブ付与

 

・マンション取引の際の重要事項の説明等が適切であることが肝要

 

・マンション履歴システムの充実、普及の推進 ・既存住宅の流通促進策との連携

(3)マンションの管理等の専門家の活用

・相談体制・支援体制の充実

 

・マンション管理士・マンション管理業者等の専門家の能力向上

(4)第三者管理者方式の活用による管理の適正化促進

・関係者の有益な選択肢となり、適切に活用されるための具体的検討

 

・実態把握やノウハウ蓄積、マンション管理業者等の第三者管理者の

 業務に対する監査等のチェック、管理コストの低減、

 財産分別管理の あり方等の実務面での課題抽出

 

・対応策の実施

(5)マンションの管理等をめぐる紛争処理への対応

・専門家等の指導・助言による支援体制の整備

 

・参考となる管理規約規定事例集等の作成、普及啓発

 

・ADR(裁判外紛争解決手段)の活用 等

(6)多様なマンション形態に対応した施策

・団地型:管理ガイドライン作成、再生に関する課題解決のための検討

 

・超高層:管理の実態把握、課題抽出の実施

(7)管理組合が機能していないマンションへの対応等

・引き続き区分所有者等への啓発活動の実施、実態把握

 

・行政の関与、様々な居住形態のあり方の検討

(8)老朽マンションの再生の促進

・資金面の支援、情報の提供、専門家の派遣等

 

・法制度上隘路となっている問題の解消

 

・取引費用の軽減を考慮すべきことを踏まえ、仕組みや運用の議論

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中