HOME > お仕事の流れ

お仕事の流れ

管理委託費及び管理会社変更手続きの進め方

1.ヒアリング

次の資料を基に現状の管理内容と管理品質についてお話を伺う。

 

1. 直近の総会議案書

2. 管理委託契約書

3. 管理規約・使用細則

下矢印

2.現状分析

管理会社との契約内容の確認。

ヒアリング内容と管理委託費の分析。

下矢印

3.無料セミナー

マンション住人の方々に管理コスト削減に関する

「賢い金持ちマンションになるためのセミナー」を開催。

 

分析結果を発表。

質疑応答。

管理委託費見直しの意見交換と意思確認。

下矢印

4.理事会及び総会決議

管理委託費の見直しと管理会社変更の手続を開始する理事会決議。

 

臨時総会にて総会決議。

(予算措置の承認も必須)

(管理会社変更はスムースに進行しても最低6カ月の期間が必要です)

下矢印

5.管理会社数社に見積書の提出依頼

1. 現在の管理会社及び他の管理会社数社から管理委託費の見積書を取る。

2. どの管理会社に見積りを依頼するかが最も大切。

3. 統一見積書式で見積金額の提出を依頼。

4. 管理品質の仕様に関する40項目以上の事前確認資料の提出依頼。

下矢印

6.管理会社のマンション内覧

1. 管理会社各社がマンション管理人室、共用部分、電気室、機械室、給排水設備などの

建物諸設備を内覧。

2. 設計図書をはじめ各種設備点検報告書などを閲覧。

(管理会社は談合する可能性があるので、一斉の現場説明を行わず、各社1社ずつ現場説明を

開催が望ましい。)

下矢印

7.管理会社のマンション内覧の際、必要なもの

各種カギ

 

1. 電気室

2. エレベーター機械室

3. 受水槽室、高置水槽

4. 管理人室

5. その他、確認を要する共用部分

 

各種書類

 

1. 設計図書

2. 消防用設備等点検結果報告書

3. 昇降機等定期検査報告書

4. エレベーター保守点検報告書

5. 貯水槽清掃報告書

6. 排水管洗浄工事報告書

7. 簡易専用水道定期検査報告書

8. 総合設備点検報告書

9. 緊急対応業務報告書

10. マンション保険契約書写し

11. 管理規約・細則

12. 分譲時パンフレット等を用意する。

(理事長以下役員及びコンサルタントが案内する。)

下矢印

8.管理会社から見積を提出

おおむね内覧日から2週間~20日後提出。

下矢印

9.管理会社から提出の見積書の比較・検討

コンサルタントが見積書の比較表を作成。

コンサルタントが管理品質の確認書をスコアリング。

下矢印

10.管理会社の絞り込みとヒアリング

1. 理事会は良心的な見積書を提出した2~3社を選出。

2. 選出の管理会社のプレゼンテーションを受けヒアリングを行なう。

3. 理事会は最終的に1社に絞る。

 

(必要な場合、区分所有者全員からアンケート)

良心的な見積を提案した管理会社2~3社の見積書を添付して、区分所有者の意見をアンケートとして集約する。

 

(他にも、総会に提案)

理事会で2~3社に絞り、臨時総会で1社に決定する。

下矢印

11.臨時総会を開催

理事会は1社を総会議案にまとめ臨時総会を開催する。

(現在の管理会社は自社との管理委託契約を解除する総会議案や招集通知の作成業務には協力的でない事に留意。)

下矢印

12.総会承認後・重要事項説明会

臨時総会で承認後、管理会社の重要事項説明会を開催し管理業務主任者から重要事項説明を受ける。

(コンサルタント立会)

下矢印

13.契約解除通知送付

臨時総会の承認後、現在の管理会社へ契約解除通知を内容証明郵便で送付。

下矢印

14.管理委託契約書締結

臨時総会の承認後、新管理会社との管理委託契約書の締結。

(重要・コンサルタント立会)

下矢印

15.新旧管理会社の事務引継ぎ

新旧管理会社の事務引継ぎは書面及び現物確認を行う。

(重要・コンサルタント立会)

下矢印

16.設計図書・各種点検報告書などの引継ぎ

数十種類に及ぶ各種すべての図面図書と点検報告書などの有無をチェックし、引き継ぐ。

(重要・コンサルタント立会)

下矢印

17.各種カギ類の引継ぎ

各種すべてのカギの有無をチェックし、引き継ぐ。

(重要・コンサルタント立会)

下矢印

18.設備保守会社との直接契約

管理組合が管理会社を通さずに保守会社と直接契約をする。

 

1. エレベーターフルメンテナンス契約(Full Maintenance)

2. エレベーターPOG契約(Parts Oil and Grease)

3. メーカー系と独立系(メーカー系以外)の保守会社の長所・短所 警備保障会社との

セキュリティー業務についても、直接契約は可能です。

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中