マンションQ&A

違法駐車・違法駐輪に関するトラブル

マンションの敷地内の駐車場スペースに限度があると、他人の駐車場や周辺に無断で駐車する人物がいます。このような行為を違法駐車と言います。普段から違法駐車を繰り返すのは、特定人物である事例が多くあります。そのような事例では、人物を特定したうえで管理規約や駐車場使用のルールについて根気強く説明することが大切です。 これに対して違法駐輪は、許可された駐輪場以外の場所に駐輪した自転車のことです。これに対処するには、持ち主が特定できるようマンション住民が使用する自転車を登録制にして有料のステッカーを貼り、自転車の持ち主を管理することで区別することができます。

解説

マンションの玄関周辺、駐輪場・駐車場、ゴミ置き場を見れば、マンション住民の生活マナーの良し悪しが分かると言います。マンション敷地内に違法駐車の車や違法駐輪の自転車が放置されていると、マンションの見た目も美しくありません。違法駐車や違法駐輪への対応策には、それぞれのマンションの事情もあり、対応に苦慮している管理組合が多く見受けられます。

ポイント

1  駐車場や駐輪場の拡大や増設

      マンションの敷地に余裕があれば、駐車場を拡大する。

      使われなくなった遊具等を撤去して駐輪場を増設する。

2  物理的に置けなくする

      立て看板の設置や工事用のコーンを置く。

      植木鉢やプランター等を置き、置くことができないようにする。

3  放置自転車は処分

      マンション住民以外の放置自転車は、駐輪場のスペース確保のために定期的に処分する。

      自転車を処分する前に、一定期間後には処分するという案内書を掲示したりする。

      最寄りの交番へ通報し、盗難届が出されているか確認する。

      自転車の所有者が不明の場合は、拾得物扱いとして交番へ届け、警察の指示に従う。


ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中