マンションQ&A

マンションに管理組合がなぜ必要なのか

分譲マンション(以下「マンション」という。)は、多くの世代の家庭が共同して生活をし、マンションの所有者(以下「区分所有者」という。)の共同の財産である建物や土地らを共同で管理する集合住宅のことをいいます。

そして共有財産である建物やその土地、附属の施設の共用部分を区分所有者全体で管理することが法律(区分所有法)で決められており、その管理や修繕などを行う団体のことを管理組合といいます。

解説

マンションは、専有部分(区分所有者が持っている部分)、それ以外の建物や土地、附属の施設等の共用部分でできており、それを管理するのが管理組合の仕事となります。

マンションは、マンション法と呼ばれている区分所有法が適用されており、区分所有者はそれぞれの意思に関係なく、建物やその土地、附属の施設の管理を行うための団体(管理組合)の組合員になることが決まっています。

そして、法律で決められたように集会を開き、規約を決め、管理者を置くこともできます。

ポイント

1  正しいマンション管理のための必ず必要な条件

マンションを購入すると「区分所有者」となり、管理組合の「組合員」としてマンション管理に関わることが仕事になります。

マンション管理組合への積極的な協力と組合の運営に参加することは、正しいマンション管理をするために必ず必要な条件です。

2  全員の区分所有者で作られる管理組合

持っているマンションの専有部分を他人に貸して別の場所に住んでいたり、マンションを買ったが管理組合に入りたくなくても、マンションを所有している限りは必ず管理組合の組合員となります。

また、中古のマンションを不動産業者から買った人、受け継いだ人、裁判所の競売で落札した人も所有者となった時点で管理組合の組合員となります。

3  管理組合と自治会(町内会)との違い

管理組合は区分所有者の団体であり、マンションの維持や管理を目的としています。

対して自治会は、同じ地域の人達が親睦と交流を通して、地域社会の発展を共通目的とする任意の団体で、町内会とも呼ばれています。

なお、管理組合はマンションの所有者全員で作られていますが、自治会には、同じ地域内に住んでいる人なら誰でも自由に入ることができます。

自治会では 管理組合では
目的 地域住民の親睦と地域社会の発展 建物や附属の施設や土地の管理
構成員 同じ地域内の住民 マンションの所有者全員
加入について 加入や退会はその本人の自由意志 加入が法律によって決められている

4  管理組合の運営目的

マンションでは快適性(暮らしやすさ)と流動性(移り変わりのしやすさ)の維持が大変重要となります。

多数の人が住むマンションは、建物や設備がしっかりと手入れが行き届いていれば安心して暮らすこともでき、貸すことや売買することも簡単になります。


快適性と流動性を保つことは、マンション管理ではとても大事なことであり、管理組合の運営目的でもあります。

5  区分所有法(建物の区分所有などについての法律)

管理組合ではマンション管理の基本的な事を管理規約として決めています。

その基本となるのが区分所有法です。 マンションでは、一つの建物内にそれぞれの部屋(101号室とか102号室)を区分所有者が単独で所有する部分と、廊下、階段、エレベーターのように区分所有者がそれぞれで所有することができない部分があります。

分割できない一つの建物を区分所有するのですから、建物やその土地等を共同で管理する必要もでてきます。

こういった難しい建物の所有関係や建物、土地等を管理する方法について決めた法律が区分所有法です。

チェックポイント  管理組合がない場合はどうすればいいか

管理組合というのは、区分所有建物が存在する以上必ず「ある」ものです。

それが「ない」というのは、「活動の実態がない」「規約がない」「理事がいない」という状態のことをいいます。

建物が新しいうちは、なくても生活はできますが、古くなって修繕が必要になってきたときに「管理組合がない」と困ります。

建物を区分所有している以上、建物の最終責任者は区分所有者です。

例えば、外壁が落ちて通行人に当たった場合、すべての責任は区分所有者にあります。

「管理組合がない」場合はまず、代表者を決めましょう。

そこから規約を作り、建物を点検し、お金を計算します。「大変そうだから何もしない!」という選択はできません。

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中