マンションQ&A

管理組合の保険と個人が加入する保険の違いとは

A. 管理組合で「マンション総合保険」に加入していても、個人宅の火災保険等は、個人で加入する必要があります。マンション所有者(居住者)が考える保険には、マンション総合保険、専有部分(住戸)の火災保険、専有部分の家財保険があります。マンション総合保険は、管理組合で加入しますが、その他の保険は個人で加入します。

解説

 マンションの共用部分にいったん事故が発生すると、復旧費用や原因の調査費用など、思わぬ費用が発生します。突発的に発生し、予想しがたい事故のための費用は予算化しにくく、その費用が高額になれば、管理組合として負担できないという結論にもなるかもしれません。このような事態を避けるためにマンションでは、「マンション総合保険」に加入することが通常です。マンション保険は会社によって内容が変わってきますし、それぞれのマンションの立地や構造によって必要な保険も違います。保険に加入するときは、複数の保険の見積りを取り、内容にもよく目を通しましょう。

ポイント

◎ 保険種類の内容

1  マンション総合保険

 マンション共用部分の損害や居住者間のトラブルなどを広く補償するために開発されたのが「マンション総合保険」です。

<例>

      火災、爆発

      自然災害(台風、落雷、風水害など)

      水濡れ

      破損、汚損

      地震

      機会設備等の事故

      第3者に対する損害賠償責任(施設賠償、個人賠償)

2  火災保険

 マンション保険では、個人宅の火災被害については補償されません。さらに日本では、失火法(失火の責任に関する法律)により、故意又は重い過失がない限り、隣家が起こした火災により被害を受けたとしても、隣家へ損害の賠償を請求することはできません。よって隣家が火災を起こす可能性がある以上、自宅の火災保険には加入する必要があります。ただし、マンションを購入する際、住宅金融支援機構(旧住宅金融金庫)から借り入れをしている場合、火災保険へ加入していることが多くあります。この火災保険は、通常加入する火災保険と比べると保険料が安くなっています。原則としてたとえ繰り上げ返済をしたとしても、当初の返済期間中は保険を継続することができますので、継続していったほうがお得であることが多いようです。

3  家財保険

 同じく、専有部分内の家財についてもマンション保険では対応できません。隣家の火事で被害を受けた場合、建物については火災保険でカバーできますが、家具等は家財保険で対応する必要があります。また、家財保険の中には、マンション内の屋根のある駐輪場に留めておいた自転車が盗難にあった場合、保険金が支払われる場合もあります。

4  自動車保険

 日本の保険では、自動車の被害については原則として、自動車の保険が対応します。たとえば、マンションの駐車場に駐車していたところ、マンションの駐車場が水没して車が動かなくなってしまったというような場合には、自動車についてはマンション保険ではなく車両保険で対応します。マンションの駐車場において事故(自然災害)が発生する可能性があれば、自動車保険に加入するときに車両保険にも加入しておくことをお勧めいたします。

チェックポイント  地震保険の支払いは緊急費用分のみ

 地震保険は、日本政府と損害保険会社が共同で運営している保険です。地震保険の内容は、どこの保険会社を通して加入しても一緒です。また、日本の地震保険は、緊急費用を補う意味しかありません。被害を回復するための費用が支払われるわけではないということです。

 そして、被害を判断する基準は、主要構造部分に被害が発生したか否かです。ラーメン構造(梁と柱で建物を支える構造)であれば、梁または柱に被害がどのくらいあるか、壁構造であれば(壁で建物を支える構造)壁にどのくらいの被害が発生したかで、一部損壊か全部損壊かなどを判断しますので、管理組合としては一番被害が多いだろうと思われるフロア若しくは損壊の状態が分かりやすいフロアの点検をしてもらいます。

 現在の建築基準法では、建物の梁・柱が損壊しない耐震基準の遵守を求めており、一方で、政府管掌の保険では、梁・柱が損壊しないと保険金の支払いがないというのは矛盾であり、今後の検討すべき課題だと思われます。


ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中