HOME > 1.マンションの現状及び課題

1.マンションの現状及び課題

(1)マンションストックの状況

・ストック総数は約528万戸、居住者は約1,300万人【H19末】

 

・築30年超ストック数は約63万戸、新耐震基準策定(昭和56年)以前の

 ストックは約106万戸【H19末】

(2)居住者の状況

・永住意識【22.5%(S55) → 48.0%(H15)】

 

・60歳以上の世帯主【7.9%(S55) → 31.7%(H15)】

 

・賃貸化率:27.8%【20%超(H15)】

(3)管理等の状況

1.管理主体等

・理事長が管理者の管理組合:87.0%

 

・管理業者が管理者の管理組合:4.9%

 

・約9割の管理組合が、管理事務を委託

2.計画的な維持管理に対する取組み

・長期修繕計画を作成している管理組合:83.0%

 

・25年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金額を設定している管理組合の割合:約20%

3.マンションの管理等をめぐる紛争

・相談件数(マンション管理適正化推進センター):約9,000件【H19】

 

・滞納問題:41.4%【H15】、3ヶ月以上の滞納:32.0%【H15】

4.多様なマンション形態の存在

・団地型:棟数、建物規模等が、維持管理上の条件に影響を及ぼすため、

 長期修繕計画等の設定に考慮が必要 ・超高層:高機能の設備や

 共用のスペースが設けられている ことが一般的

(4)改修・建替えの状況

1.改修の現状

・事業費や検討費用の確保、管理組合への知識・情報提供等が課題

2.建替えの現状

・建替え事例:129件【H20.10時点】

 

・既存不適格の問題、検討費用の確保、修繕・改修又は建替えの判断、

 高齢居住者や低所得者への配慮等が課題

ページトップへ

ご挨拶

代表取締役 柳田基浩

当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
「ちょっとした工夫で、分譲マンションの資産価値は必ず上げられます!」をモットーに住人のためになる管理組合運営をご支援(コンサルティング)しています。
弊社の目指すところは 『マンションに暮らす住人が、自分たちが暮すマンションを まこと、誇りに思える〝賢い金持ちマンション〟になること!』 これが私のミッションです。
≫ご挨拶 全文

モバイルサイト

リライフ・コンサルティング モバイルサイト

twitterでも随時情報発信中